TeamSpirit(株式会社チームスピリットさん)のメインイメージ

TeamSpirit

勤怠管理・工数管理・電子稟議・経費精算をクラウドで一元管理

  • 1001947

商材/サービス情報

カテゴリー 勤怠管理・就業管理
主な推奨業種 全業種
主な推奨部門 管理部門(人事/総務/労務)
主な推奨目的/効果 働き方改革(働き方改革)
導入環境
推奨従業員規模 どんな規模にも
推奨導入企業規模(資本金) 不明/未公開

商品概要

勤怠管理・工数管理・電子稟議・経費精算などをクラウドで一元管理できる「TeamSpirit」。
設定の柔軟性や、多彩な『労務管理の自動化・見える化機能』、最新法令や働き方へのスピーディな対応、操作性などが評価され、1,500社・32万人以上に利用されている。

特徴

●勤怠管理・工数管理・電子稟議・経費精算をクラウドで一元管理
勤怠管理・工数管理・電子稟議・経費精算・ビジネスチャットなどを1つのシステムで全て利用することができます。
コストパフォーマンスが高いことはもちろん、従業員の手間やメンテナンス・セキュリティ対策の手間を大幅に削減することができます。
また、実労働時間と整合のとれた工数実績が把握できるため、プロジェクト型ビジネスでの正確な原価管理に役立つほか、
長時間労働の原因特定や生産性向上に向けた業務分析にも役立ちます。

●36協定や法令に則った残業や有給の管理を自動化
充実した『自動化機能』により、労務管理業務を効率化します。例えば、36協定や法令で定める労働時間や有給休暇に対する過不足を自動で集計・レポート化し、残業過多や有給未消化になる前に本人やその上長等に自動でアラートを通知することができます。
そのほか、打刻や申請の漏れ・ズレ等に対しても自動で修正アラートを表示するため、申請内容と実績の照合作業や差し戻しの手間を大幅に削減することができます。

●最新の法令や働き方に合わせて自動アップデート
最新の法令やテレワーク・ハイブリッドワークなどの新しい働き方、利用ユーザーの声を反映して、高頻度でアップデートを行っています。
例えば、テレワークを円滑に運用するための申請・承認機能や、当日の勤務場所の登録機能、勤務状況の一覧化機能、業務内容の見える化機能等を搭載しており、導入企業からは「テレワークに必要な機能がTeamSpiritに揃っていたので、スムーズに対応することができた」と評判の声が上がっています。

機能

【TeamSpiritに含まれる機能】
勤怠管理、工数管理、電子稟議、経費精算、社内SNS、レポート・ダッシュボード

【打刻方法】
PC、モバイル、タイムレコーダー、顔認証、指静脈認証、交通系IC、入退室管理打刻など
(別途周辺サービスのご契約が必要な場合がございます)

【セキュリティ対応】
通信の暗号化(SSL/TLS)、二要素認証、二段階認証、IPアドレス制限、アクセス権管理、生体認証、SSO認証/SAMLログインなど
(別途周辺サービスのご契約が必要な場合がございます)

【言語】
日本語、英語

【自動化機能】
①自動集計・管理
 労働時間、残業時間(※1)、有給休暇の消化日数・残日数(※2)、勤務間インターバル時間、
 遅刻・早退回数、休日出勤日数、打刻率、テレワーク/オフィス出社の日数など
 ※1・・・残業時間の上限規制に対応し、36協定残業時間の超過回数、単月・2〜6ヶ月平均・年間実績を自動集計
 ※2・・・有給休暇の年5日間の取得義務化に対応し、不足日数や有給取得義務期限までの残日数を自動集計・表示
②自動アラート
 特定の残業時間の超過通知、有給休暇の未消化通知、打刻漏れ通知、月次確定漏れ通知など
③自動分析
 実打刻と勤務実態の差分、組織全体や部署・個人ごとの勤怠データ分析、休暇取得分析、社員の生産性分析など

【ワークフロー】
休暇申請、残業申請、勤務時間変更申請、テレワーク申請、休日出勤申請、振替申請、遅刻・早退申請、経費申請・経費事前申請、
工数申請など(電子稟議機能を搭載しており、労務関連以外の物品購入や契約締結等、多様な申請のカスタマイズも可能)

仕様・動作環境

【デバイス】
パソコン、モバイルアプリ、タブレット

【OS】
Windows、macOS、iOS、Android OS

標準料金

月600円/ユーザー  ※月額最低利用料金:30,000円(50ライセンスを含む)

タグ(関連キーワード)

#勤怠管理 #工数管理 #電子稟議 #経費精算 #社内SNS #レポート #ダッシュボード #ビジネスチャット #Salesforce

商品・サービス画像

企業情報

企業名 株式会社チームスピリット

都道府県 東京都